MENU

ドグマチール,錠,ジェネリック,スルピリド,通販,副作用.50mg,離脱症状

ドグマチール・スルピリドの安全な通販

ドグマチール・スルピリドのメリット、デメリットとは?

ドグマチール,錠,ジェネリック,スルピリド,通販,副作用.50mg,離脱症状

 

ドグマチール・スルピリドの特徴について、効果はなんとなくでもわかっていただけたと思いますので、ここで簡単にメリットとデメリットをご紹介いたします。

 

ドグマチール・スルピリドのメリット

□即効性
□食欲増進
□興味や意欲が沸く
□吐き気等の副作用が少なめ
□心理的に服用しやすい

 

ドグマチール・スルピリドのメリットの一つ、即効性がある事に関して。

 

抗うつ剤は基本的に薬を飲み始めて蓄積して効果が発揮されるまでにそれなりの時間、期間を要してしまいます。

 

ちなみにうつ病治療でよく用いられているSSRIは、2週間くらいしないと効果が出てこないものとなっております。

 

ですので、治療約の効果を実感するまでに時間がかかってしてしまいます。

 

ドグマチール・スルピリドは効果が他と比べて早めに実感できるので、非常に人気、知名度の高い抗うつ剤として有名なのです。

 

そして消化が良くなる効果があるので、食欲が増していきます。

 

ドグマチール,錠,ジェネリック,スルピリド,通販,副作用.50mg,離脱症状

 

さらにドーパミンが増加して、興味や意欲が沸いてくるので、非常に自然な形で元気が出てくる仕組みとなっています。

 

他の薬、SSRIだとセロトニンを増やすのみの効果なので、落ち込み、不安は抑えられますが、意欲や興味が出てこない、といった不完全な治療結果となってしまう事が多いようです。

 

そして実は何よりも、患者の抵抗がなく飲めるのが人気のようです。

 

精神治療薬と言われると、怖いイメージをもたれてしまいがちなので、抗うつ剤と聞くとためらう方が多いようです。

 

その点、ドグマチール・スルピリドは、「もともと胃薬として作られた薬です。」と伝えると、患者さんも安心して飲んでもらえる事例が多くあるようです。

 

ドグマチールのデメリット

ドグマチール,錠,ジェネリック,スルピリド,通販,副作用.50mg,離脱症状

□重度のうつ状態には抵効果
□胃薬、統合失調症治療にしては効果が弱め
□高プロラクチン血症(生理不順・乳汁分泌・性欲低下)
□錐体外路症状(そわそわ・震え)

 

ドグマチール・スルピリドのデメリットには大きく分けて2つありまして
・効果が強すぎない
・副作用の多さ

 

が挙げられます。

 

効果では胃薬、統合失調症治療薬、抗うつ剤のどれも限界があるのです。

 

胃薬の効果は、胃の病気がハッキリとある時は使用できないです。

 

統合失調症治療薬には、効果としてもそれほど高くありません。

 

もし効果が得られる量まで増やしてしまうと副作用が強くでてしまうのです。

 

抗うつ剤としても、軽症の方には効果的ですが、重症の方には効果が足りないものとなっています。

 

デメリットである、副作用の多さに関しては次に説明させていただきます。

 

ドグマチール・スルピリドTOPへ

このページの先頭へ