MENU

ドグマチールジェネリック,市販,処方,購入

ドグマチール・スルピリドの安全な通販

ドグマチールジェネリック,市販,処方,購入

 

当サイトはドグマチール(スルピリド)の専門サイトになります。ドグマチール(スルピリド)の効果・効能・副作用に関して詳しくわかり易く説明してあります。

 

ドグマチール(スルピリド)を服用する上で正しい知識を入れていただく事で効果も最大限に発揮し副作用を最小限に抑える事ができます。

 

またドグマチール(スルピリド)を購入する方法として一番良い方法も紹介してありますので参考になると思います。

ドグマチールとスルピリド錠の効果とは?

ドグマチールジェネリック,市販,処方,購入

 

ドグマチール・スルピリドの効果について詳しくお話したいと思います。

 

ちなみにドグマチール。スルピリドほど、様々な精神科の病気に幅広く使われている薬はないかもしれません。

 

そもそもドグマチール。スルピリドは、胃薬として開発され1973年に発売されました。そして使われていくうちに、少量の服用ではうつに効果がある。多い量だと統合失調症に効果がある。

 

という事がわかって、たくさんの疾患に広く使われるようになったのです。

 

現在、ドグマチール・スルピリドは、主に抗うつ剤として服用されることが多いのです。

 

ドグマチール・スルピリドは胃の働きを良くさせながら、精神面も持ち上げてくれるので、抗うつ剤としてはその効果が実感しやすい薬となっています。

 

ここでは、ドグマチール・スルピリドの効果や特徴について、ご説明致します。

 

ドグマチールジェネリック,市販,処方,購入

 

ドグマチール・スルピリドには様々が効果があるのですが、主に、【胃薬】、【抗うつ剤】、【統合失調症治療薬】の三つの効果があるとしてよく用いられています。

 

抗うつ剤や統合失調症の薬と聞くと少し重くて怖い感じがしますが、それが胃薬と言われればと飲みやすいですね。

 

精神科の薬は怖いという感覚がある中、非常にすすめやすい薬がドグマチール・スルピリドです。

 

【胃薬】として使用すると、消化運動を活発にする作用があります。

 

食べた物を胃の中に留めず、すぐに腸に運ばれていく事で刺激を少なくし、痛みを和らげるのです。

 

このような効果なので、胃酸を直接抑制したりするような強めの作用はないものになります。

 

【抗うつ剤】としての使用に関しては、落ち込み、イライラ等がある方が使用すれば、精神的に落ち着いて元気が出てきます。

 

ドグマチールジェネリック,市販,処方,購入

 

消化がよくなる事で、食欲増進の効果もあるので、元気になるというメカニズムです。

 

ただ不安や落ち込みが重度の場合には、効果の限界はあります。

 

【統合失調症治療薬】としては、気持ちが安定している状態で使用します。

 

不安、興奮を抑える効果は薄いので、精神的に安定してない方では効果は出ません。

 

そして現在、統合失調症に関しての効果が強い薬が発売されているため、ドグマチール・スルピリドは使用される機会は減ってきています。

 

このように三つの効果がある薬になりますが、抗うつ剤として使われているケースがほとんどで、次に胃薬としての服用。統合失調症はあまり使われなくなってきいる現状です。

 

>>ドグマチール・スルピリドの即日発行はコチラ

 

ドルマチールジェネリックは薬局で市販されてるの?通販で売ってる?即日発送してくれるの?

ドグマチールジェネリック,市販,処方,購入

 

ドルマチール・スルピリドのジェネリック薬は薬局で市販されているのか?薬局で市販されていれば気軽に買えるので、必要な方にとっては嬉しい限りですが、答えはNOです。薬局で市販されていません。

 

それでは通販では?と思う方も多いと思います。今の時代、通販での購入で手軽に何でも購入できる時代だから、薬局の市販薬でないのなら、通販サイト等で検索される方も多いと思います。

 

しかし検索しても出てこず通販でも売っていません。そして薬局の市販でも売っていない、それならどうしたら購入できるのか?

 

実は海外医薬品の通販で購入するというやり方が注目されているのです。

 

ドグマチールジェネリック,市販,処方,購入

 

このやり方は昔は難しいとされていましたが、ネット時代になり、誰もが手軽に利用することが実現しました。。

 

正直、海外医薬品の購入というのは、直接海外サイトから購入する事になるので、言葉がわからず、手続きが難しかったりするので何かと不安もあり、一般的にはなかなか買えない状況でした。

 

しかし現在、国内には、海外医薬品の個人輸入代行サービスがたくさんあって、これらの業者を使えば、難しい手続きは全て代わりに行ってもらえて、そのサイト自体も日本語表記なので、国内の通販サイトと同じ感覚で購入が可能になっているのです。

 

中には即日発送してくれる便利なサイトも存在ます。

 

海外医薬品を通販で購入するという長所としては、病院に行かずに薬がいつでも好きな時間に購入できて、自宅まで送ってもらえるという事です。

 

ドグマチールジェネリック,市販,処方,購入

 

病院には忙しくて行く時間が取れないという方もいらっしゃいますし、医薬品にはデリケートな物が多々ありますので、病院に行くのに抵抗がある方も多くいらっしゃいます。

 

人と顔を合わさずに購入できる、中身もわからないように梱包されているので誰にもバレずに薬が手に入る時代なのです。

 

そして何より、薬局で市販されてないとなると、病院に行って診察料、処方箋料、薬代などがかさみ非常に高くついてしまうなんて事が多いのに対して、通販のほうがより価格が安くなる場合が多く、そういった意味でも便利な通販サイトになります。

 

私個人も軽い病気になった時、病院言って高い診察料を取られるくらいなら、薬局で似た市販薬で気休めに購入して使っていた事もありますが、個人輸入代行でジェネリック薬の通販を知ってから人生変わりました。

 

もっというと海外医薬品の通販の利点として、まだ日本では認可が降りる前の薬や、まだ販売の認可降りていないジェネリック薬なども購入できるという点もあります。

 

ドグマチールジェネリック,市販,処方,購入

 

中にはこんな薬を通販で買っても大丈夫なの?という疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません、海外では普通に売っている薬を送っているだけなので、向こうでは当たり前のように購入、使用が認められている薬になります。

 

それは厳しい審査の日本では認可まで時間を要する為、まだ買えないだけで、危険な薬って訳ではないのです。こういうのは年単位で時間を要するものだったりしますので。

 

ですので私個人もこの個人輸入サイトを知ってから、薬局で市販薬として売ってない薬、病院に行かないと処方してくれない薬をたくさん見つけて購入するようになりました。

 

そういった事もあり、今主流となっているのが個人輸入代行サイトです。日本で市販されていなくても、海外で市販されている薬を、お客さんの代わりに輸入手続きをし、海外からお薬を直接送ってくれる便利な業者です。

 

ドグマチールジェネリック,市販,処方,購入

 

国内では、処方薬に分類さている医薬品を発送してしまうと、発送側、お客さん側も違法行為になりますが、海外からの個人輸入代行の通販に関しては認められているのです。

 

医薬品を個人輸入代行の通販で購入する事は問題ないのです。

 

アマゾンや楽天などのネット通販と同じように購入ができるのです。

 

そこでそういった業者が増えて流行りになっているのが日本の現状です。

 

もちろん通常の通販と違って海外からの発送になるため、多少の時間がかかるものです。そこで即日発送をしてくれるサイトがあるのでご紹介します。

 

注文して、振込み、決済して反映されるまで時間がかかり、即日発送じゃない通販だと発送まで何日後かになってしまうような国内の通販ネットショップも多いのが現状ですが、即日発送してくれる安心のサイトであれば国内の通販ネットショップとそんなに変わらず購入できますね。

 

ドグマチールジェネリック,市販,処方,購入

 

いくつかのお店を使った経験談によると、こちらの即日発送サイトからの通販購入であれば、最短で4日~5日で届きます。

 

即日でない業者さんですと7日~10日以上かかってしまうところに比べると倍くらい早いって事で、重宝しています。

 

やはりネット上の口コミ、レビューを見ると、病院は高い、思うように処方してくれない、でも薬局で市販されていない、だから医薬品はやっぱり即日発送で早く欲しい!という方が非常に多く、注文後即日で発送というのが一番安心するようで、皆さん即日発送のサイトがおすすめですね。

 

症状によっては本当喉から手が出るほど、すぐにお薬が必要になるものですからね。でも時間がない、お金がない、となったら安い価格の即日発送のサイトがいいですよね。

 

だからと言って、近所の薬局に走り込んで市販薬を探してみても、、薬局の市販薬じゃ効かないって意見も多いですしね。

 

この海外発送の個人輸入サイトから即日発送なら、国内の即日発送じゃない通販サイトと同じくらいの感覚で購入できますよ!

 

>>ドグマチール・スルピリドの即日発行はコチラ

 

ドグマチール・スルピリドの作用機序とは?

ドグマチールジェネリック,市販,処方,購入

 

それではドグマチール・スルピリドの効果のメカニズムをご説明します。

 

三つの効果のうち、胃薬や統合失調症治療薬としての効果があるのは、【ドーパミン】を抑える働きがあるからです。

 

※ドーパミンとは、気持ちいい、心地良い、楽しい、そういった時に脳内で分泌される物質で『幸せホルモン』とも呼ばれています。ドーパミンのおかげで、人は快楽を感じることができます。

 

痛みの緩和や恐怖の緩和もしてくれる、脳内麻薬物質と言われています。

 

そして抗うつ剤の効果としては、逆にドーパミンを増やす作用があると考えられています。どういう事?と思ったと思いますので、ご説明していきます。

 

ドグマチール・スルピリドの作用とは、基本的にドーパミンを抑制する事で効果を出します。ただ、脳への作用に関しては、薬の量により変化するとされています。

 

薬が少ない量ではドーパミンを増加させるが、量が多くなってくると、ドーパミンを抑えるように働くのです。

 

ドグマチールジェネリック,市販,処方,購入

 

胃薬や抗うつ剤では少ない量で効果が出ます。その際、薬の量は【150mg】までで使用する事が多いのですが、抗うつ剤としての効果に関しては、【300mg】くらいまで効果が出ます。

 

【300mg】だと胃腸ではドーパミンを抑えるのですが、脳ではドーパミンを増やす作用があるのです。

 

胃薬の効果としては、胃腸にある【ドーパミンD2受容体】というのをブロックします。これでドーパミンが抑制される事によって、アセチルコリンの分泌が促されるのです。

 

これによって消化管の運動が活発的になりますので、食物の胃の中での留まる時間が減る事により、痛みを軽くするのです。

 

そしてドグマチール・スルピリドの抗うつ剤としての作用に関しては実は厳密にはわかっていません。

 

おそらくですが、脳のドーパミンを増幅作用があると考えられています。ドグマチール・スルピリドはドーパミンを抑制する薬なのに、何故ドーパミンを増やすのでしょうか?矛盾していて意味がわかりませんよね。

 

実は、これには【ドーパミン自己受容体】が関係していると考えられているのです。

 

この自己受容体というのはドーパミンを分泌している神経に存在し、ドーパミンが正常に分泌されているのかというのを監視しているのです。

 

ドグマチールジェネリック,市販,処方,購入

 

ドグマチール・スルピリドは、少ない量だとこの受容体をブロックしてしまうのです。すると、ドーパミンが分泌が足りないと錯覚してしまって、もっと分泌しなければ、となってドーパミンが分泌量が増えます。

 

他に、ドーパミンD2受容体をブロックする事で、ノルアドレナリン神経から、ノルアドレナリンが分泌されます。

 

それに対して、ドグマチール・スルピリドの統合失調症治療薬としての効果は、多い用量で効果が出ます。【300mg】から【600mg】で使用する事が多いのですが、【1200mg】までは使用可能です。

 

ですので、統合失調症の治療では、ドーパミンが通常より多く出ている事になります。

 

脳のドーパミンD2受容体をブロックする事で、ドパミンの量を正常にしていくドグマチール・スルピリドは、効果があまり強くない為、薬の量が多く必要になります。

 

その分副作用も出てきてしまう為、他に優れた抗精神病薬が開発されている現在、統合失調症治療目的ではあまり使われていません。

 

ドグマチール・スルピリドの副作用とは?

ドグマチールジェネリック,市販,処方,購入

 

ドグマチール・スルピリドの副作用としましては、強すぎない薬なので、そこまで副作用が強いわけではありませんが、その副作用は多いです。

 

抗うつ剤によくありがちな吐き気、眠気などは少なめなのです。しかしドグマチール・スルピリドには抗精神病薬によくみられる副作用として大きく2つあります。

 

高プロラクチン血症と、錐体外路症状です。この2つはドーパミンをブロックする事で起きてしまう副作用になります。

 

聞きなれないと思われる、この二つの副作用説明をさせていただきます。

 

高プロラクチン血症

脳の外にある下垂体という場所のドーパミンを止めると、プロラクチンというホルモンが減少してしまいます。

 

このプロラクチンというホルモンは妊娠や出産した時に出るホルモンです。母乳を出したり、月経をとめたりする働きをします。

 

なので、その副作用としては、乳汁分泌や生理不順の副作用が起きます。

 

ドグマチールジェネリック,市販,処方,購入

 

ちなみに男性では性欲低下として現れてしまいます。副作用の内容的に、女性には特に注意が必要な薬になっています。

 

錐体外路症状

簡単に言うと運動の調節が上手くいきづらくなる症状です。

 

例えば、パーキンソン病などです。パーキンソン病は、中脳の黒質と呼ばれる場所のドーパミンが減少してしまう事で起こります。

 

ドグマチール・スルピリドがここに作用してしまう事で、ドーパミンが減ってしまうと、パーキンソン病のような、そわそわ、震えの症状が起きてしまうのです。

 

震えが止まらなってしまったり、動作がゆっくりになってしまったりもします。

 

姿勢を正常に保てなくなったり、転んでしまうこともあります。

 

他にもそわそわしてしまい落ち着きがなくなったり、筋肉の極端な収縮などが起きる事もあるので、注意が必要です。

 

ドグマチールとスルピルドの違い

ドグマチールジェネリック,市販,処方,購入

 

【ドグマチール】、【スルピリド】という名前を全く聞いた事がない方が多いかと思いますが、聞いた事がある方もいらっしゃると思います。

 

これらはお薬の事で、スルピリドもドグマチールも【抗うつ剤】です。

 

ドグマチールという薬は、発売されてから年月が経過し、そのジェネリック医薬品が発売されています。それがスルピリドです。

 

そしてドグマチールとスルピリドとの違いをお話ししたいと思います。

 

スルピリド(Sulpiride)とは?

ドグマチールジェネリック,市販,処方,購入

 

ドグマチールのジェネリック薬がスルピリドです。ジェネリック医薬品ですので、『マーゲノール』の他に『ベタマック』等としても販売されています。

 

そしてスルピリドとは、実はドグマチールの成分の名前なのです。

 

有効成分のスルピリドは、開発されたのはサノフィ株式会社で、日本ではアステラス製薬株式会社と大日本住友製薬株式会社とバイエル薬品株式会社の共同開発により販売される事になりました。

 

実はアステラス製薬株式会社の商品がドグマチールで、これが一番有名になったのです。

 

大日本住友製薬からアビリット、バイエル薬品からはミラドールという商品が同時発売されています。

 

一般的に薬の開発には、お金が膨大にかかるので、その販売権利を保障するために10年は特許で守られるのです。

 

この特許が切れる事で、ジェネリック医薬品が発売する事ができるのです。

 

ドグマチールジェネリック,市販,処方,購入

 

そしてドグマチールに関しまして、世間的にスルピリドという成分の名前を知る機会は少なかったのですが、ジェネリックが販売されると『スルピリド』という商品名が広まっていったのです。

 

ジェネリック医薬品の『スルピリド』は『ドグマチール』と比較しても価格が安くなっています。錠剤とカプセル錠で4割くらいの値段、粉薬が3割くらいの値段になっています。

 

『スルピリド』は5種類くらい販売されています。

 

他にも『マーゲノール』『ベタマック』『クールスパン』などの『ドグマチール』のジェネリック薬が発売されているのです。

 

ドグマチールとスルピリド等のジェネリック薬の価格の違い

ドグマチールジェネリック,市販,処方,購入

 

スルピリドをはじめとするジェネリック薬は、先発薬のドグマチールと比較して、3~4割くらいの価格で販売されています。

 

そしてジェネリックでは、50mgと100mgと200mgの三種類の成分量の錠剤がありますが、

 

実は成分量が多くても、少なくても、価格が変わらない、という事を覚えておけば効率よく購入する事ができるかもしれませんね。

 

ジェネリックが流行している、ジェネリックが人気がある一番の理由はその値段です。

 

膨大な開発費が必要ない分、非常に安い価格で販売されます。先発薬の約6割ほどの価格で販売される事にが多いのですが、ドグマチールの場合はそれよりも更に安い価格となっています。

 

処方されることが多い薬だったので、製薬会社の価格競争が起こってしまい、ここまでの安い価格となってしまったのは服用者にとってはラッキーな事だとも言えますね。

 

ドグマチールジェネリック,市販,処方,購入

 

『一錠、もしくはグラム辺りの価格の一覧』※価格は2016年某月付け

《先発薬》
【ドグマチール錠】(50mg/15.9円)、(100mg/19.0円)、(200mg/26.8円)
【アビリット錠】(50mg/11.5円)、(100mg/19.0円)、(200mg/25.7円)
【ミラドール錠】(50mg/10.4円)、(100mg/15.8円)、(200mg/22.0円)

 

【ドグマチール細粒】(10%/25.3円/g)、(50%/71.3円/g)
【アビリット細粒】(10%/21.1円/g)、(50%/62.6円/g)
【ミラドール細粒】(10%/19.3円/g)、(50%/58.6円/g)

 

《ジェネリック(後発薬)》
【スルピリド錠】(50mg/100mg/200mg)/6.3円
【ベタマック錠】(50mg/100mg)/6.3円、(200mg/7.9円)
【マーゲノール錠】(50mg/6.3円)

 

【スルピリド細粒】(10%/6.2円/g)、(50%/17.8円/g)

 

ドグマチールジェネリック,市販,処方,購入

 

これを見ていただければわかる通り、ドグマチールの価格に対して、スルピリドの価格は、50mg錠剤でだいたい3割から4割くらいと安い価格になっています。

 

更に100mgと200mgと成分量が多い錠剤にしても薬の価格が変わらないのです。大きい錠剤を購入した方がリーズナブルになりますね。

 

ちなみにドグマチールは50mg錠剤を使用する事が多いので、一番大きな200mg錠をピルカッター等でカットすればよりただでさえ安い価格なのに、より安い価格でたくさん使う事ができますね。

 

ドグマチールとスルピリドの効果の違いは?

ドグマチールジェネリック,市販,処方,購入

 

ドグマチールとスルピルド等のジェネリック薬は有効成分が同じ【スルピリド】なので、特に大きな効果の違いはありません。

 

ですが、精神的な作用のあるジェネリック薬にありがちなのは、ジェネリックへの不安から、その気持ちの持ちようで効果に違いを感じてしまっている方もいます。

 

そんなケースの時は、先発薬に戻すのも効果的かもしれません。

 

有効成分が同じスルピリドだからといって、全く効果が同様なのかというと、実はそういうわけでもないのです。

 

薬剤に使われているコーティング剤や溶け方、そして吸収してからの速さなどは、その製薬メーカーによっても当然違いがあるのです。

 

製薬メーカーによる多少の違いなどはありますが、ドグマチールのジェネリック薬と認可されるには、しっかりとした基準が設けられています。

 

ドグマチールジェネリック,市販,処方,購入

 

そのジェネリック薬を服用後の血中濃度の変化がドグマチールと比べて誤差が80から125%内であることが条件です。

 

でもそれだと最大で45%もの違いがあってもよいかと不安になるかもしれませんが、薬の吸収、代謝に個人差があることを考えると、この間くらいに入っていれば、統計的に同様だとみなされる基準になっているのです。

 

そして実際に約900種類ものジェネリック薬と先発薬を比べてみたところ、最大血中濃度で4.61±3.41%の差しか出ずだったと報告されています。

 

抗うつ剤というのは、一般的に効果が発揮されるのには約ニ週間ほどかかります。

 

なぜなら抗うつ剤が安定して効果を出すためには、常に体内に薬がある状態が必要なのです。

 

抗うつ剤を規則正しい形で服用していると、体内に少しずつ薬が蓄積されていきます。

 

そして服用してから約4から5日ぐらいで、体内での薬の濃度が安定するのです。

 

ジェネリック薬のスルピリドとベタマックでも、血中濃度がピークに達する時間と体から薬が抜けていく速さなど、多少の違いがあります。

 

スルピリドを抗うつ剤としての使用時は、服用を続けていき血中濃度が安定する事で効果が発揮される薬です。

 

ドグマチールジェネリック,市販,処方,購入

 

抗うつ剤のように、体に蓄積される事で効果が発揮される薬では、多少の薬の違いというは効果には影響しないものです。

 

逆に睡眠薬などの、即効性のある薬というのは、薬の違いで効き方の違いは大きく出てくるものになります。

 

ですから、服用当初から同じジェネリック薬のスルピリドやベタマックを使い続けれると、ドグマチールと同様の効果が得られることがほとんどです。

 

しかしジェネリックに変えた事により効果が薄れてしまった方もいます。

 

それは多くの方の場合、気持ちの問題だと考えられるからです。

 

ただえさえ精神面の薬であるため、そういう方は薬の変更による不安や、ジェネリック薬だから効果が弱くなってしまうかもという思い込みをすると、効果が減ったという思考回路になってしまう人もいるようです。

 

ですが、こういったうつの症状にとってこの気持ちの問題というのは重要な問題なので、その場合は先発薬のドグマチールに変える、戻す、というのが一番の改善策になっています。

 

ドグマチールとスルピリドの副作用の違い

ドグマチールジェネリック,市販,処方,購入

 

薬には副作用が必ずありますが、もちろん副作用が弱い方が絶対に良いはずですし、やはり服用の際は誰もが気にするのが副作用です。

 

その副作用の違いがあるのかどうか気になるところです。

 

ドグマチールとスルピリド等のジェネリック薬は有効成分が同じでので、副作用に関してもあまり差がないとされていますが、もちろん副作用の出やすさに関しては多少の違いはあると考えられます。

 

ジェネリックのスルピリドは、ドグマチールと有効成分は全く同じです。ですが、薬の効果や効き方にすこし違いが出てしまいます。

 

この影響は、薬の効果よりも副作用に違いが起こります。

 

有効成分が同じなので、副作用の症状も基本的な特徴に変わりはないです。

 

ドグマチールジェネリック,市販,処方,購入

 

通常、副作用は、血中濃度が高くなった時に一番出やすくなります。ジェネリックのスルピリドは、製造している製薬メーカーによって血中濃度の変化の仕方が異なるため、副作用の出やすさにも差があります。

 

そしてジェネリック薬の方が安いからといって、必ずしも先発薬であるドグマチールよりも副作用が大きくなるというわけではないのです。

 

実は先発薬よりもゆっくりと血中濃度が増加してゆっくりと体から抜けていってしまうジェネリックだという事から、理論上は副作用が軽減される事になります。

 

スルピリドに関して実際にジェネリック服用者が、副作用が強まってので先発品に戻したいという事になる可能性はあまりないと考えられます。

このページの先頭へ